ABOUT EUROPEAN NORM

使用温度表示について

ABOUT EUROPEAN NORM 01

EUROPEAN NORM

〈ヨーロピアン・ノーム〉について

NANGAは温度表記に関するEU諸国における統一規格
〈ヨーロピアン・ノーム〉を採用しています

EN(ヨーロピアン・ノーム)とは、EU諸国における統一規格として制定されている規格の総称で、ヨーロピアン・スタンダードとも呼ばれます。スリーピングバックに関する温度表記についてはEN13537で算出が定義されています。今までは各メーカーが独自の方法で算出されていた使用温度を、同一基準で示しています。検査は認定された第三者機関が行う公平なもので、各メーカーの独自基準に基づく使用温度表示とは一線を画すものといえます。

温度表記に関するEU諸国における統一規格〈ヨーロピアン・ノーム〉を採用
EN 13537 の検査方法

温度センサーが装備されたマネキンに長袖と足首までアンダーウエアを着せ、スリーピングバックに寝かせてキャンプ用のマットレスの上にのせます。マネキンの内側5箇所の温度が測定され、放熱の度合いを計測します。計測された温度と実験室の気温を計算式にあてはめて値を算出します。スリーピングバックの保温性能は単純な中綿の量だけでなく、布地の種類や厚み・ジッパー等にも影響を受けるため、テストではこれらを総合的に判断します。

ヨーロピアン・ノームの表記
EUROPEAN NORM (EN 13537)
COMFORT

一般的な成人女性が寒さを感じることなく寝ることができる温度域とされています。
(一般的に女性は男性よりも寒さを感じやすいので約5℃程度高く使用温度を算出しています)

LIMIT

一般的な成人男性が寝袋の中で丸くなり、8時間寝られる温度域とされます(下限温度)。これよりも低い温度は、リスクのある温度域となります。

EXTREME

一般的な女性がスリーピングバックの中でひざを抱えるくらい丸くなった状態で6時間までなら耐えられる温度域とされます。体は震えを起こすことで熱をつくりだそうとし、基礎代謝量が増えます。なお、この温度域で使用すると低体温症になる恐れがあり、非常に危険です。

※表示温度は目安としての参考温度であり、経験、体力、体格により非常に大きな個人差がございます。あくまで参考としてお考えください。
※女性はComfort、男性はLimitをご参考ください。